HOME
logo_1
  〒560-0022 大阪府豊中市北桜塚1-5-47 ℡06-6853-1010
ryofuji

平成26年 御法門  平成24年 御法門  平成23年 御法門
bar
平成24年5月9日

御  題    『ほほえみ』はお布施

御教歌(日扇聖人教え歌)

(かお)かたち  そはいかにせん  よき(ひと)
(こころ)(なら)へ  うつらざる(らん)

よの(ひと)に  (ほどこ)すのみの  功徳(くどく)ぞと
おもへばわれに  かへるなりけり

人は、その一日の中でいろいろな表情を顔に表すものです。


例えば、怒りを感じたときには怒りを顔に表し、悲しいときには悲しみの表情を、楽しいときには自然と明るく楽しそうな表情が見えるものです。


いわば、そのときそのときの心のありようが顔に表れ、人の表情なるわけです。


そして、その表情は周囲の人にもわかり、少なからず影響を与えるものです。


仏さまの教えに無財の七施というものがあります。


お布施といえばお坊さんやお寺に金品をするものと、思っておられるでしょうが、この無財の七施は「思いやりの心もお布施」で、


①慈眼施:優しいまなざしで接すること


和顔施(わげんせ):笑顔で接すること


愛語施(あいごせ):思いやりのある言葉を交わすこと


身施(しんせ):自分の身体を使って奉仕をすること


心施(しんせ):他人のために心をくばること


床座施(しょうざせ):たとえば電車の中で喜んで席を譲ること


房舎施(ぼうしゃせ):風や雨露をしのぐ所を与えることです。


その中の和顔施(わげんせ)は実は簡単なようで、なかなかむつかしいことです。


もちろん笑顔を他の人に施すことはいいことで誰も分かることですが、三歳のお子さんができても、八十歳の方にはできない。


だからこそ、仏さまは笑顔がお布施であり、このお布施は大変大切な仏道修行と教えられたのです。


『ほほえみ』新聞は、この仏さまの和願施の心をいただき、『ほほえみ』を多くの方々にお布施させていただき「他人を思いやる心」を表したいと考えています。


また、多くの方が仏さまに守られ『ほほえみ』の中で、心豊かな生き方ができることを願っています。